個人輸入代行サービスとは?仕組みとメリット・デメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
個人輸入

ここでは「個人輸入代行サービス」について、そのしくみや得られるメリット・デメリットについてご紹介します。

また個人輸入代行サービスに似ているサービスとして「転送サービス」がありますが、この2つの違いについてもご説明します。

個人輸入代行サービスを利用することで、海外通販でのお買い物をスムーズにお得にすることができます。

個人輸入代行サービスを利用したいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

個人輸入代行サービスとは?

個人輸入代行サービスは、商品の購入から発送までのすべての工程を業者に一括して任せることができるサービスです。

海外から商品を購入する場合には、英語などで対応しなければなりません。

購入するにあたって必要情報の入力や確認などもすべて自分で行う必要があります。

個人輸入代行サービスを利用すれば、このような面倒な作業を業者がすべて引き受けてくれるので、楽に海外の商品を購入することができます。

すべての工程を業者に任せられるので、とにかく楽に輸入したいという人に向いています。

転送サービスとは

転送サービスは、自分で商品を購入して、商品の転送のみ業者が行ってくれるサービスです。

個人輸入代行サービスは購入から発送まですべてを業者が行ってくれますが、これに対して転送サービスは購入は自分で行う必要があります。

業者が管理している倉庫を経由してから日本へ転送されます。

転送サービスを経由することで、個人だと購入できない商品が購入できたり、お得に手に入るというメリットがあります。

購入は自分でしたいけれど、転送サービスによってこのようなメリットが得たいという人に向いています。

個人輸入代行サービスの流れ

輸入代行を利用するときの流れをご紹介します。

①欲しい商品を伝える

購入したい商品が見つかったら、業者へ商品について伝えます。

商品が載っているページのURLを送って、載っている商品の写真も撮影して送ると間違いがないのでおすすめです。

このときに、どの色にするか、どのサイズにするかなども忘れずに伝えましょう。

②見積もりを提示される

欲しい商品を伝えたら、1~3営業日くらい経つと業者から見積もりの連絡がきます。

見積もりには主に商品代金・国際送料・代行手数料の3点について記載されています。

③代行業者へ入金します。

業者から提示された見積もりを確認して、金額に納得できたら入金します。

見積もりの内容に少しでも不明な点がある場合には、入金前に連絡して確認しましょう。

④業者が代行して商品を購入する

業者が自分の代わりに商品を購入してくれます。

⑤商品が届く

購入する国かによって異なりますが、注文してから3週間~1カ月くらいで商品が届きます。

関税や消費税は、自宅に商品が届いたときに運送業者に支払いましょう。

転送サービスの流れ

次に転送サービスを利用する際の流れをご紹介します。

①アメリカの住所を取得する

最初に、転送サービスで会員登録を行います。これで輸入する際に使用する自分専用のアメリカの住所が発行されるようになります。

②通販サイトで商品を購入する

商品を購入する際には、①で発行されたアメリカの住所をお届け先に指定することになります。

③発送依頼する

商品が倉庫に届いたら連絡がきます。

連絡がきたら、管理画面で商品の発送依頼をしましょう。

発送依頼は必要事項を記入して、送料等の料金を支払えば完了です。

④商品が届く

倉庫から荷物が発送されて日本へ到着すると、自動的で通関の手続きが行われます。

関税がかかる場合には、配達するときに宅配業者にお金を支払って、荷物を受け取れば完了です。

個人輸入代行サービス・転送サービスのメリット

個人輸入代行サービスや転送サービスを利用することで共通して得られるメリットには以下のものがあります。

・商品が確実に届く

・英語ができなくても大丈夫

・個人では輸入できない商品を輸入できる

それぞれについてくわしく解説していきます。

商品が確実に届く

業者が自分とお店との間に入って手続きをしてくれるので、「商品が届かない」などのアクシデントを防ぐことができますし、もし何かアクシデントがあった場合にもしっかり対応してもらえます。

トラブルの心配をすることなく、輸入が初めてという人でも安心して海外通販で商品が購入できます。

英語ができなくても大丈夫

業者が代わりに手続きをしてくれるので、自分がやりとりをする必要はなく、英語ができなくても問題ありません。

海外通販で自分一人で輸入するとなると、英語でやりとりしなければなりません。

英語に自信がない限りは、コミュニケーションがうまくいかずに間違いがあったりアクシデントが発生してしまう可能性もあります。

個人輸入代行サービスや転送サービスを利用すれば業者と日本語でやりとりをするだけで済むので、このような不安要素もなく安心して輸入できます。

個人では輸入できない商品を輸入できる

海外で購入したい商品が見つかっても、日本向けに発送されていないなどの理由で、個人では購入できないという場合があります。

このように個人では購入できない商品も、個人輸入代行サービスや転送サービスを利用することで輸入できるようになることが多くあり、業者を介することでより幅広い商品を購入できるようになるのです。

個人輸入代行サービス・転送サービスのデメリット

個人輸入代行サービスや転送サービスのデメリットについてもご紹介します。

デメリットは以下のような点です。

・レスポンスが遅い業者もある

・お金がかかる

それぞれくわしくご紹介します。

レスポンスが遅い業者もある

たくさんの業者があるので、利用する業者によってレスポンスの早さは違い、返信が遅い業者もあります。

連絡をしてから返信が1時間以内に返ってくる業者があれば、2日後に返信がある業者もあり、業者によって幅があります。

あまりに返事が遅いと感じた場合には業者の変更を検討するという手もあります。

お金がかかる

業者の方で手続きや荷物の保管を代行して行うので、その分費用はかかります。

個人輸入代行サービスや転送サービスには安いところもあれば高いところもあり、業者によって料金もさまざまです。

安くてお得なところもあれば、ラッピングなど特別なサービスが充実している分高額なところもあるので、自分の用途や希望に合わせて最適な業者を選ぶことが大切です。

通常、購入から転送まですべて代行する個人輸入代行サービスよりも、転送のみを代行する転送サービスの方が安くなっています。

安くお買い物をするならPlanet Express

Planet Expressは転送サービス会社の中でもとくに安さが売りの業者なので、海外通販でお得にお買い物をしたい場合におすすめです。

Planet Expressの送料は業界でもっとも安くなっていて、基本料金は無料で、手数料はダンボール1つたった2ドルです。

商品を複数まとめて購入すれば、複数の商品が1つのダンボールの中にまとめられて送られるので、たくさんの商品が2ドルだけで済みます。

一度に大量に購入するという人は、とくにお得にお買い物ができるので最適です。

安さだけでなく、問い合わせに対する対応も誠実で、カスタマーサービスも最高評価となっているので安心して利用できる業者です。

日本の利用者が多いことから、日本語での問い合わせにもしっかり対応しています。

まとめ

個人輸入代行サービスについて、しくみ、メリット・デメリット、転送サービスとの違いについてご紹介しました。

個人輸入代行サービスや転送サービスは、利用者とお店の間に入って輸入を代行する企業で、これらを利用することでスムーズにお得に海外の商品を購入することができます。

輸入を一貫して代行する個人輸入代行サービスよりも、転送のみを代行する転送サービスの方が安いので、より安くお買い物したい場合は転送サービスがおすすめです。

海外の通販でお得にお買い物をしたいという人は、ぜひこの記事でご紹介した内容を活かしていただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

業界最安値のアメリカ転送サービス|Planet Express

Planet Express(プラネットエクスプレス)はアメリカ転送サービス・個人輸入サポートで業界最安値のサービスをご提供します。

プラネットエクスプレス

Planet Express の特徴:

  • 業界最安値レベル(最低手数料2ドルから・年会費/登録費等なし)
  • 口コミ★4.5以上の高い顧客満足度
  • 日本語対応(日本語カスタマーサポートあり)
  • 荷物とラベルの写真を無料提供 ・同送発送にも対応

海外通販の初心者からプロまで、様々な方々が利用しているPlanet Expressをチェック。


無料会員登録でアメリカ住所を取得

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*