アメリカ転送サービスどこが一番安い?3社を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
安いサービス

日本では販売されていない商品を海外から入手する時に、輸入するのがなかなか困難な時があります。日本への発送を行っていなかったり、国際送料が高額に設定されていたりと個人輸入にはさまざまな困難があります。

そんな困難を解決してくれるのが転送サービス業者ですが、その転送サービス業者もさまざまです。各社に特徴があり、どの業者を選んで良いのか迷っている方もいるでしょう。そこで今回は、アメリカ転送サービスはどこが安いのか徹底比較、各社の特徴などを解説していきます。

転送サービスとは

転送サービスとは海外の商品を日本に輸入する時に利用されるサービスです。直接販売店舗から自宅に送られてくればよいのですが、海外への発送をしていない商品もあります。その商品を海外販売していなかったり、国内販売にすることでブランド力を上げる目的だったりと理由はさまざまです。

そのような商品がどうしても欲しいという時には転送サービスを利用することで日本への商品発送を可能にします。アメリカに住所を置く転送サービス業者がアメリカで商品を購入して、日本にいる利用者の自宅に発送してくれます。商品購入の際に転送サービス業者を挟むことで個人輸入が可能になるのです。

安い転送サービス業者選びのポイント

転送サービス業者を利用すれば日本への発送を行っていない商品を購入することができるのですが、気になるのがそのコストです。欲しかった商品の代金にプラスして転送サービス業者へのサービス料も支払わなければならないため、やはりコストがかかってしまいます。転送サービスにかかるコストはその商品の大きさや重量によって変わってきます。

また、転送サービス業者によって料金が異なります。転送サービスにかかる国際送料や関税などの他にも保険や倉庫保管などのオプションサービスをつけることができる業者もあります。自分に必要なサービスはどの範囲までなのか、しっかりと料金を調べてから利用しましょう。

安い転送サービス利用時のよくあるトラブル

転送サービス業者は海外の会社なので日本で買い物する時とは少し感覚が違います。日本語対応しているとはいえ、海外の会社のサービスです。日本企業の丁寧な対応を基準としているとトラブルに遭ってしまうこともあります。

そんな中でもよくあるトラブルが費用の水増し、顧客対応が悪い、荷物の紛失、破損です。これらのトラブルが発生した時に日本語で対応してくれるカスタマーサービスセンターが設置されていれば良いのですが、世界と取引をしている転送サービス業者なので全ての転送サービス業者が日本語対応のカスタマーサービスセンターを設置しているわけではありません。

英語が苦手な方はこのようなトラブルに遭遇してもクレームを入れることもできないため、泣き寝入りしなくてはいけないケースが出てきてしまいます。転送サービス業者を選ぶ時にはそのようなトラブルも想定して、もしもトラブルに遭遇しても解決出来そうな業者を選ぶと良いでしょう。

関連記事:

安いアメリカ転送サービス3社の価格比較

アメリカを代表する転送サービス業者を3つ挙げるとするならば、Planet ExpressShipitoグッピングになるでしょう。転送サービスを利用する時にどの業者でも必要となるコストが転送費用と州税です。その2つをこの3社で比較していきます。

同じ大きさ、重量の商品の転送にかかる転送費用と州税を比較した時のおおまかなコストはPlanet Express>Shipito>グッピングになります。

Planet Expressの送料は転送サービス業界で最も安いです。日本語対応しており、カスタマーサービスセンターの対応が良いと高評価を得ています。しかし、州税が9.5%かかってしまいます。他の転送サービス業者の中には州税がかからない業者もある中、州税が9.5%もかかってしまうPlanet Expressが支持されているのは理由があります。それはその州税を払っても補いほどの高いサービスを維持しているからです。日本語での対応をしてくれるカスタマーサービスセンターを設置している転送サービス業者はなかなかないので、初めて転送サービス業者を利用する方はおすすめです。

Shipitoはアメリカ最大の利用者を誇る転送サービス業者ですが、転送費用を考えるとPlanet Expressに劣っているといえます。しかし、なぜアメリカ最大の利用者がいるのでしょうか。それには大きな理由があります。それは、Shipitoは州税が0%というメリットもあるのです。商品によってはPlanet Expressよりも安く転送できる可能性もあります。インターネットサイトは日本語に対応しているので日本人には利用しやすい転送サービス業者といえるでしょう。かさばる商品や高額商品に関しては業界で最も安く送れる可能性が高いので、そのような商品を転送する場合にはShipitoを利用すると良いでしょう。

グッピングの転送費用はPlanet Express、Shipitoに劣ります。また、州税が7.25%かかってしまうので完全に2社に対して劣っていると感じる方も多いでしょう。しかし、そんなことはありません。グッピングには他の2社にはないサービスが存在しています。それは無料で商品のまとめを行なっている点です。1つの荷物の中に2つ以上の商品を梱包して転送してもらうことを同梱と呼びます。この同梱という行為は有料オプションサービスとして取り扱っている業者がほとんどです。

そんな中、グッピングではこの同梱サービスを無料で行なっているのです。さまざまな通販サイトから多数のアイテムを取り寄せる予定のある方はPlanet Express、Shipitoよりも安く発送できる可能性があります。また、バッテリーやマニキュアなどの一部危険物の輸送を行なう時にはそれらの商品でも安く発送できるグッピングがおすすめです。

困った時の抑えとして利用できるアメリカ転送サービス業者

コスト面だけを考えると先ほど紹介した3社を利用するのが良いでしょう。しかし、個人輸入を行なっているとこの3社を利用しても解決できないケースに遭遇することもあります。個人輸入は危険物や規制品など問題から発送してくれない商品もあります。そんな商品でも高めの料金を支払えば発送してくれる転送サービス業者があります。

それはOPASです。業界では個人輸入の困りごとはOPASを利用すれば解決できると評判になっています。日本語にも対応しており、州税もかかりません。コストよりもサービスを重視したいという方はOPASを利用すると良いでしょう。

状況によって使い分ける

転送サービス業者にもそれぞれの特徴があります。Aという商品を発送してもらおうと思うとPlanet Expressの方が安いけど、Bという商品を発送してもらおうと思うとShipitoの方が安いということはよくあります。また、Cという商品を発送してもらいたいのだけれどOPASしか発送してくれないということもあります。各社強みと弱みがあるので、自分が発送してもらいたい商品によって使い分けることが重要です。各社の特徴を掴んで、お得かつ便利に転送サービス業者を利用しましょう。

関連記事:

まとめ

インターネットの発達によって日本にある自宅にいながら海外のショップから商品を購入することが可能になりました。しかし、規制や州税、関税など普段日本で買い物する時には不要である知識が必要となります。そんな時に便利な転送サービス業者ですが、会社によってサービスやコストはさまざまです。どうせ利用するならお得に利用した方が良いでしょう。年に数回という頻度での利用であればそこまでコストも気になりませんが、個人輸入をビジネスで行なう場合には転送費用もバカになりません。各社の特徴を調べて状況に応じて使い分けていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

業界最安値のアメリカ転送サービス|Planet Express

Planet Express(プラネットエクスプレス)はアメリカ転送サービス・個人輸入サポートで業界最安値のサービスをご提供します。

プラネットエクスプレス

Planet Express の特徴:

  • 業界最安値レベル(最低手数料2ドルから・年会費/登録費等なし)
  • 口コミ★4.5以上の高い顧客満足度
  • 日本語対応(日本語カスタマーサポートあり)
  • 荷物とラベルの写真を無料提供 ・同送発送にも対応

海外通販の初心者からプロまで、様々な方々が利用しているPlanet Expressをチェック。


無料会員登録でアメリカ住所を取得

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*