【簡単比較】アメリカおすすめ転送サービスを7選ご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
転送サービス

輸入の代行をしてくれる転送サービスは、サービスによって特徴やメリットが異なるので、自分にぴったりなものを選ぶためには比較することが大切です。

転送サービスは数がたくさんあり、公式ページではどこも同じようなことが書かれていたりして、比較検討するのは大変ですよね。

アメリカの転送サービスを利用しようと考えている人のために、おすすめの転送サービスをピックアップして、それぞれの特徴をわかりやすくまとめました。

アメリカの転送サービスをこれから利用する人はぜひ参考にしてみてください。

アメリカ転送サービスとは?

転送サービスは、海外の商品を輸入するときに、間に入って代行をしてくれるサービスです。

転送サービスによって、個人では輸入できない商品を輸入できたり、商品をまとめて送ってもらうことでコスト削減ができたりというメリットが得られます。

転送サービスでは、業者のサイトに登録すると、自分専用のアメリカの住所が発行されます。

その住所に仕入れをして、そこから日本へ送ってもらい、手元に商品が届きます。

転送サービスを使うメリット

輸入する際に転送サービスを利用することで得られるメリットには、どのようなことがあるのかご紹介します。

日本へは輸入できない商品を輸入できる

海外で購入したい商品を見つけても、日本向けに発送していない、国外の住所は入力できないなどの理由から、購入できないという場合があります。

このように個人では購入できない商品も、転送サービスを利用することで輸入できるようになるのです。

複数の商品をまとめて安くできる

購入する複数の商品を、一度にまとめて輸入することでコスト削減ができます。

荷物の量が多ければ多いほど送料はお得になるので、大量に購入するとその分大幅にコスト削減ができます。

不良品のリスクが減る

転送サービスでは、関税通過の手続きをするときに、不良品のチェックも行ってくれます。

転送サービスを利用せずに個人で輸入をして、手元に不良品が届いた場合、アメリカへ返品するとなると返送料などもかかってしまい無駄な出費や手間が増えてしてしまいます。

転送サービスで輸入した場合には、不良品のチェックによってこのようなリスクを防ぐことができるので安心です。

さらに追加のサービスとして、衝撃吸収材(プチプチ)などの追加なども提供しているので、運送中の破損などのリスクも減らすことができます。

転送サービスの流れ

実際に転送サービスを利用する際の流れをご紹介します。

①アメリカの住所を取得する

転送サービスで会員登録を行うと、輸入する際に使用する自分専用のアメリカの住所が発行されます。

②通販サイトで商品を購入する

商品を購入するには、①で発行されたアメリカの住所をお届け先に指定しましょう。

③発送依頼する

商品が倉庫に届いたら連絡がくるので、管理画面で発送依頼をしましょう。

必要事項を記入して、送料等の料金を支払えばOKです。

④商品が届く

倉庫から荷物が発送されて、日本へ到着すると通関の手続きが自動的で行われます。

関税がかかる場合には、配達するときに宅配業者にお金を支払って、荷物を受け取って完了です。

アメリカのおすすめの転送サービス7選

アメリカのおすすめの転送サービスを7選ご紹介します。

自分に合っているものを探してみてください。

おすすめNo1!!

安さを重視するならPlanet Express(プラネットエクスプレス)

Planet Expressは安さが魅力の転送サービスで、送料は業界でもっとも安くなっています。

基本料金は無料で、手数料はダンボール1つたった2ドルです。

Amazonなどで商品をいくつかまとめて購入すれば、複数の商品が1つのダンボールの中にまとめられて送られるので、たくさんの商品が2ドルだけで済みます。

安さだけでなく、問い合わせに対する対応も誠実で、カスタマーサービスも最高評価となっています。

日本からの利用者が多いので日本語での問い合わせにも対応しているので安心です。

また、魅力的なアフィリエイトプログラムも用意されているのも特徴の一つです。

最大級の利用者数で安心のShipito

Shipitoはアメリカで最大級の利用者数である転送サービスです。

月額10ドルで州税0%の倉庫を利用できるので、日本へ送る際にコストをおさえることができるので、200ドル以上の高額な商品を購入する場合におすすめです。

アメリカ国内外で4カ所の住所を発行することができるので、たくさん購入する人は複数の住所を使い分けることができます。

お酒や香水などは手数料39ドルで送ることができ、サイトは日本語表記でデザイン性にも優れているの見やすくなっています。

優秀なサービスが魅力のOPAS

危険物や規制品といった、他の会社では発送できないような商品も多く取り扱っています。

「特別住所」というサービスがあり、これは転送サービス業者へ発送するのを拒否している通販サイトからも購入できるようになるという心強いサービスで、15ドルで利用できます。

OPASは、独自のきめ細かなサービスが魅力で日本語にも対応しています。

手数料は高めですが、その分さまざまな優れた輸入サービスがあり、対応も丁寧です。

検品が簡易写真付きで安心!Goopping

Gooppingでは、検品を写真付きで行ってくれるという丁寧で安心なポイントがあり、この検品は無料です。

手数料は円建てで1,280円となっていて、商品数が増えても追加料金がかかりません。

ですが、お店からの配送箱が使えずにGooppingで新しい箱を用意した場合には箱代金が追加で500円かかることがあります。

アメリカの消費税がかからないus-buyer

us-buyerの受取倉庫はオレゴン州にあるので、商品を購入したときにアメリカの消費税がかかりません。

手数料は重量によって異なっていて最低5ドル~となっています。

配送方法はヤマト運輸(国際宅急便)、FedEx(フェデックス)、郵便 (USPS)から選ぶことができて、さらにそれぞれの配送会社の配送方法を選ぶことになります。

us-buyerの検品は商品名、商品番号、個数などに加えて、破損がないかスタッフの判断で分かる範囲でチェックするなど簡易的なもので、検品のオプションはとくにありません。

Amazonが使いやすいXBORDER

XBORDERはAmazonがとくに使いやすくなっているのが特徴で、すべて日本語で購入できるので、日本のAmazonを利用して購入するような感じで注文できます。

Amazonを多く利用する人、とにかく簡単に注文したいという人、英語での注文は不安という人にも最適です。

購入する商品の検索もXBORDERのサイト内で行えます。

ビジネス利用などで頻繁に輸入するならMyUS

 こちらのMyUS はビジネスに利用するので毎月欠かさず輸入する、という人に向いていて、購入する際のやり取りが少ないので、発送までのスピーディーに行うことができます。

こちらのMyUS もAmazonでの利用者が多い転送サービスとなっています。

カードのサービスが豊富で、AmericanExpressのカードを持っていると商品を購入するのにかかった費用が30%引きになったり、VISA、JCBのカードを持っている場合も20%引きになるというお得なサービスがあります。

「特別梱包」という有償オプションでは特別きれいな梱包にすることができるサービスもあります。

ですが料金は高めで、PREMIUMプランでは月額7ドルで、それとは別に登録料金に20ドルがかかります。

頻繁に利用しないという場合は費用が高くかかってしまいます。

AmericanExpressは日本語に対応していないので、注文する際にはすべて英語でやり取りしなければなりません。

まとめ

アメリカのおすすめの転送サービスを7選ご紹介しました。

たくさんの転送サービスがあり、安さや充実したサービス内容など、サービスによって特徴が異なるので、比較することで自分に最適なサービスを選ぶことができます。

アメリカの転送サービスをこれから利用する人は、ここでご紹介したことを参考にしていただけたら幸いです。

Planet Express(プラネットエクスプレス)の無料会員登録はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

業界最安値のアメリカ転送サービス|Planet Express

Planet Express(プラネットエクスプレス)はアメリカ転送サービス・個人輸入サポートで業界最安値のサービスをご提供します。

プラネットエクスプレス

Planet Express の特徴:

  • 業界最安値レベル(最低手数料2ドルから・年会費/登録費等なし)
  • 口コミ★4.5以上の高い顧客満足度
  • 日本語対応(日本語カスタマーサポートあり)
  • 荷物とラベルの写真を無料提供 ・同送発送にも対応

海外通販の初心者からプロまで、様々な方々が利用しているPlanet Expressをチェック。


無料会員登録でアメリカ住所を取得

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*