アメリカPCパーツ通販サイト「Newegg」とは?Newegg 購入方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
pcパーツ

ここではNeweggについて、またNeweggを個人輸入する方法についてもご紹介します。

Neweggはアメリカにある大手のPCパーツ通販サイトで、たくさんのPCパーツをそろえています。

Neweggの商品を日本から輸入することは難しいのですが、「転送サービス」を利用することで輸入が困難なNeweggも購入することができます。

Neweggの商品が気になるという人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

※2019年8月13日更新:下記のNeweggですが、国際輸送へ対応したのご連絡ありました。

https://kb.newegg.com/knowledge-base/international-shipping/

このページにて、英語ですが各商品・サイズ・重量などを使って輸送量の見積もりも可能です。

Neweggについて

NeweggはアメリカにおいてAmazonに次いで北米第2位である大手のPCパーツ通販サイトです。

newegg japan

https://www.newegg.com/

Neweggは2000年に台湾からアメリカに移住した張法俊によって設立されました。

2005年にインターネット業界のトップ10の1つに選ばれ、2008年にNeweggMall.com、Newegg.caを、2009年にNeweggBusiness.comを立ち上げました。

2010年にはNewegg Marketplaceを立ち上げ、この年の売上高は25億ドルを超えました。

Neweggには種類豊富なPCパーツがそろっていて、さらに価格が安いのでお得にPCパーツが購入できます。

とくにメモリは、Neweggでしか購入できないものも多くあります。

最新のPCパーツを日本で検索してもNeweggがヒットすることも多いので、PC関係のパーツに興味のある人に人気です。

Neweggは日本から輸入できない

残念ながらNeweggは日本への発送を行っていません。

海外の通販サイトで商品を購入しようとした時、Neweggのように日本から購入できない場合があります。

日本への発送していない、また購入に規制をかけているなど理由で購入できなくなっているのです。

ですが、このような商品も転送サービスを利用することで購入できます。

輸入に規制をかけて制限されている商品を購入することは、悪いことのように思えるかもしれませんが、個人で使用するという目的で購入する場合は合法です。

違反しているといったことはないので、輸入してもありません。

関連記事:

Neweggは転送サービスで輸入できる

Neweggのように輸入が制限されている通販サイであっても、「転送サービス」を利用することで輸入することができます。

転送サービスとは、海外の通販サイトで商品を購入する時に、自分とお店との間に業者が入って、配送を代行してくれるというサービスです。

転送サービス会社を介することによって、Neweggのように個人輸入だと制限されて輸入できない商品も輸入できます。

業者がお店との間に入ることで、アクシデントを防いで確実に輸入できるという安心感もあります。

転送サービスを利用して輸入する場合には、サイトに登録することで自分専用のアメリカの住所が発行されます。

その住所をロッカー代わり使って一旦そこに送ってから、日本へ送って自宅に商品が届くという流れになります。

転送サービスのメリット

転送サービスは個人では輸入できない商品を輸入できるということの他にもたくさんのメリットがあります。

得られる主なメリットには以下のものがあります。

  • 個人で輸入できない商品を輸入できる
  • 商品が確実に届く
  • 不良品を防げる
  • 英語ができなくても大丈夫

それぞれのメリットについて、くわしく説明していきます。

個人で輸入できない商品を輸入できる

転送サービス会社を介することによって、個人輸入だと制限されて輸入できない商品も輸入することができます。

海外の通販サイトでお買い物をしていて商品を購入しようとすると、「日本向けに発送できない」という理由で購入できない場合が多くあります。

転送サービスを利用して輸入する場合には、サイトに登録することで、輸入するために使う自分専用のアメリカの住所が発行されます。

このアメリカの住所をロッカー代わりに使って、一旦ここに商品を送ってもらいます。

その後、アメリカの日ロッカー代わりの住所から日本へ送ってもらい自宅に商品が届きます。

日本へ発送していないというお店であっても、このように一旦アメリカの住所を経由することで、日本からでも商品が輸入できるのです。

商品が確実に届く

転送サービス会社が自分とお店との間に入ってしっかり手続きをしてくれるので、商品が確実に届きます。

「購入したのに商品が届かない」といったアクシデントを防ぐことができて、何かアクシデントがあった場合にも転送サービス会社の人に対応してもらえます。

トラブルが起こる心配をすることなくお買い物できるので、「海外の商品を購入するのが初めてで不安」という人でも安心して購入できます。

不良品を防げる

転送サービスでは、関税通過の手続きをする時に、検品をして不良品がないかチェックしてくれます。

転送サービスを利用せずに個人で輸入した場合だと、自宅に不良品が届いてっしまうと面倒なことになります。

アメリカへ返品するとなると返送料などで無駄な出費がかかってしまいますし、手間もかかってしまいます。

転送サービスを利用して輸入する場合では、検品をすることによってこのような不良品のリスクを防ぐことができて安心です。

ほとんどの転送サービスでは、無料で「簡易検品」というサービスを行っています。

このような無料の検品サービスの他に有料のオプションで利用できる「有料検品」というサービスもあり、こちらではより細かい検品をしてもらえます。

これらの2つの検品の内容の違いを以下にご紹介します。

簡易検品:色やサイズなどが間違っていないか、目視で簡単に検品する

有料検品:商品を開封して、キズや汚れがついていないかなど細かい部分まで検品する

英語ができなくても大丈夫

転送サービス会社が代わりに手続きをしてくれるので、英語ができなくても大丈夫です。

「商品はあとどれくらいで届くのか」など聞きたい時に、自分がお店の人と直接やりとりをする必要がありません。

海外から個人で輸入するとなると、お店の人と英語でやりとりしなければなりません。

英語に自信がない限りは、コミュニケーションがうまくとれずに間違いやアクシデントが発生してしまうこともあります。

転送サービスを利用すれば、お店の人とのやりとりは業者に任せることができます。

自分は転送サービス業者と日本語でやりとりをするだけなので、言語の壁を感じることなくスムーズにお買い物できますよ。

転送サービスでの輸入の流れ

実際に転送サービスを利用して輸入する際の流れをご紹介します。

①アメリカの住所を取得する

まず、転送サービスの会員登録を行います。会員登録をすると、輸入する際に使用する自分のロッカー代わりになるアメリカの転送用住所が発行されます。

②通販サイトで商品を購入する

通販サイトで商品を購入する際、①で発行されたアメリカの転送用住所をお届け先として指定しましょう。

③発送依頼をする

購入した商品がアメリカの転送用住所にある倉庫に届くと、連絡がきます。

連絡がきたら、転送サービスのサイトの管理画面で商品の発送依頼をして、日本の自宅に発送してもらいましょう。

発送依頼は必要事項を記入して、送料等の料金を支払えばOKです。

④商品が届く

倉庫から荷物が発送されて日本へ到着すると、自動で通関の手続きが行われます。

関税がかかる場合には、自宅に配達されるときに宅配業者にお金を支払って、荷物を受け取れば完了です。

まとめ

ここではアメリカの通販サイトNeweggについて、また日本からNeweggの商品を輸入する方法についてご紹介しました。

Neweggはアメリカにある大手のPCパーツの通販サイトで、多くの商品がそろっています。

Neweggは日本への発送をしていませんが、転送サービスを利用することで日本からでも商品を購入できますよ。

Neweggで商品を購入したい人は、ぜひこの記事を役立てていただけたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

業界最安値のアメリカ転送サービス|Planet Express

Planet Express(プラネットエクスプレス)はアメリカ転送サービス・個人輸入サポートで業界最安値のサービスをご提供します。

プラネットエクスプレス

Planet Express の特徴:

  • 業界最安値レベル(最低手数料2ドルから・年会費/登録費等なし)
  • 口コミ★4.5以上の高い顧客満足度
  • 日本語対応(日本語カスタマーサポートあり)
  • 荷物とラベルの写真を無料提供 ・同送発送にも対応

海外通販の初心者からプロまで、様々な方々が利用しているPlanet Expressをチェック。


無料会員登録でアメリカ住所を取得

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*