無料でアメリカの住所を借りる方法とそのメリットをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アメリカ住所

アメリカの住所を借りることで、海外の通販サイトで購入した商品を国際配送する時などに多くのメリットが得られます。

アメリカの住所は、転送会社のサービスを使って無料で利用することができます。

この記事では無料でアメリカの住所を借りるメリットをご紹介するとともに、実際に転送会社のサービスを使ってアメリカの住所を借りる方法についてもご説明します。

アメリカの住所を借りるメリット

アメリカの住所を借りると、海外の通販サイトでお買い物した時など主に荷物を国際配送する時に多くのメリットが得られます。

アメリカの住所を借りるメリットを以下にご紹介します。

商品が売り切れる前に購入できる

転送会社でアメリカの住所を借りておくことで、ほしい商品が売り切れる前に購入することができます。

人気商品はすぐに売り切れてしまいます。

海外通販サイトで「Ships to United States(発送先はアメリカ)」と記載がある場合には、 日本まで配送してくれるかどうか問い合わせる必要があります。

ですがメールの返事を待っている間に商品が売り切れてしまうということもあり「すぐ買えばよかった」と後悔することになってしまいます。

転送会社を利用してアメリカの住所を借りておけば、ほしい商品が売り切れる前にすぐに購入することができるのです。

購入できる商品の幅が広がる

転送会社でアメリカの住所を借りると、購入できる商品の幅が広がるというメリットもあります。

海外の通販サイトでは他の国へ商品を販売しないというお店も多くあり、日本に商品を販売してくれないお店や、アメリカにしか発送していないというお店がたくさんあります。

このような場合にもアメリカの住所があると、商品が購入できるようになります。

そのためアメリカの住所を借りることで、購入できる商品の幅が広がり、のびのびお買い物できるようになります。

日本直送よりも商品が早く届く

商品を配送する際にアメリカの住所を経由することで、日本へ直送で配送するよりも商品が早く到着する場合があります。

ここでフロリダにある転送会社を例にみてみます。

商品がアメリカ国内で配送されてフロリダにある転送会社の倉庫に届くのは、遅くても10日後くらいです。

その後日本に商品が届くのは約4~5日後です。

商品を購入してから手元に届くまでは約2週間ということになります。

続いて日本へ直送する場合についてです。

商品が日本に届くまでの日数は、アメリカ からであれば約2~4週間です。

2~4週間と幅がありますが、2週間と最短で商品が届くのはとてもスムーズに配送された場合のことで、このようなことはかなり稀です。

国際配送業者の事情によって税関で商品の配送が止まってしまったりして配送に遅れが出てくることもあります。

このように、日本への直送では稀に2週間で届くこともありますが、4週間と配送に長い日数がかかる場合が多いのです。

アメリカの住所を経由しての配送では、商品の到着が予定より大きく遅れることはほとんどありません。

日本へ直送で配送するよりも、アメリカの住所を経由して配送した方が、商品が早く到着する場合が多いのです。

転送会社のサービスを使ってアメリカの住所を借りる方法

アメリカの住所は、転送会社のサービスを利用すると借りることができます。

転送会社のサービスを利用して住所を取得するには預かり金が必要になりますが、この預かり金はあとで配送料として使うことができるので、実質無料となります。

転送会社のサービスの一つ「Planet Express」を例に、転送会社のサービスを使ってアメリカの住所を借りる手順をご説明します。

Planet Expressで会員登録する

Planet Expressサイトで会員登録をします。

「ログイン」の横にある「新しいアカウント」から会員登録してください。

会員登録に必要な情報を入力していきましょう。

言語を「日本語」にすると日本語表示になりますが、個人情報はアルファベットで入力する必要があります。

入力が完了すると、登録したメールアドレスに「Account activation」というメールが届きます。

するとダッシュボード画面が表示され、左上に「お客様のアメリカの住所」という荷物の配送先となるアメリカの住所が表示されます。

Planet Expressで住所を取得する

上記でご説明したように、住所を取得するには預かり金が必要になりますが、この預かり金はあとで配送料として使えるので実質無料となります。

残りの配送料は、必要な金額が確定してから追加で入金すればOKです。

住所取得には最低5ドルが必要で、預かり金の入金には様々な方法があり、「PayPal」や「Amazon Pay」などがあります。

Googleマップで位置を確認するとアメリカにあるPlanet Expressの倉庫が表示されます。

転送サービスを利用した商品配送の流れ

転送サービスを利用して商品が配送される流れを以下にご紹介します。

  • アメリカの住所を取得する

まず最初に、上記でご説明した流れで転送サービスのサイトで会員登録をして、商品配送で利用するアメリカの住所を取得します。

  • 商品を購入する

商品を購入する際には、お届け先に①で取得したアメリカの住所を指定するようにしましょう。

これでいったんアメリカの住所に配送されるようになるので、日本へ発送していないお店の商品も購入することができます。

  • 本への発送を依頼する

商品がアメリカの倉庫に届いたら、転送サービスから連絡がきます。

連絡がきたら商品を日本へ発送してもらうために、転送サービスのサイトから発送の依頼をしましょう。

発送の依頼をする時に、必要事項を入力して送料などの料金を支払います。

  • 手元に商品が届けられる

自宅に商品が届きます。

玄関で宅配業者に関税や消費税を払って、荷物を受け取ったら完了です。

まとめ

ここでは無料でアメリカの住所を借りる方法とそのメリットについてご紹介しました。

アメリカの住所は、転送会社のサービスを使って実質無料で借りることができます。

アメリカの住所を取得することで、海外の通販サイトで購入した商品を配送する時などに多くのメリットが得られます。

海外の通販サイトで快適にお買い物ができるようになるので、商品を輸入するという人はぜひこの記事の内容を役立ててみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*