お酒の個人輸入|方法・注意点、そして個人輸入に人気のお酒をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お酒

現在、日本では不景気の景況からサラリーマンの給与が上がることは望めません。政府より副業を推進する動きがあり、副業がブームとなっています。いきなり副業をしろと言われても会社で給与をもらって生計を立てているサラリーマンからしたら難しい話です。

利益を出すことが難しい副業の中でも初心者でも利益が出しやすいおすすめ副業が個人輸入です。その中でもお酒の個人輸入が流行りを見せています。単純にお酒が好きで個人で飲酒する目的で個人輸入している方も多くいます。そこで、今回はそんな海外のお酒を個人輸入する方法、その注意点、個人輸入で人気のお酒をご紹介します。

関連記事:

お酒を個人輸入する人が増えている

現在、お酒を個人輸入する方が増えています。その目的は個人輸入して転売する方もいれば、個人で海外のお酒を飲酒することなどさまざまです。

転売目的の方からしてみれば、日本では手に入らないお酒を入手することでそのお酒の国内での希少価値が上がります。それを転売することで差益を得ることがメリットとなります。

個人で飲酒することを目的としている方からしてみれば、日本では味わうことができないお酒を日本にいながら嗜むことが可能になります。これはお酒が大好きな方には大きなメリットです。

このような背景からお酒を個人輸入する方が増えているのです。

お酒を個人輸入するメリット

お酒を個人輸入する目的はどうあれ個人輸入は大きなメリットとなります。なぜメリットがあるのかというとそれは税金面の免除があるからです。輸入しようとする酒類の総量が10kg以下であり、なおかつ個人で飲酒する目的である場合、届け出等の手続きは不要です。どんなにお酒が好きな人でも10kg以上のお酒を一度に購入する人は少ないでしょう。そのため、10kg以下は届け出等の手続き不要という事実は大きなメリットといえるでしょう。

また、海外旅行の時の携帯品または別送品として酒類を輸入する場合は、760ml程度のボトル3本までは関税と消費税、酒税が免除されるという制度になっています。ただし、課税価格の合計金額が1万円以下の場合には、関税や消費税は免除されますが、酒税は免除されないので自分で支払う必要があるので注意が必要です。

このような税制面でも大きなメリットがあることからお酒の個人輸入が流行っているのです。

関連記事:

お酒を個人輸入する上での注意点

お酒を個人輸入する上でも注意点は、そのお酒をどのような目的で個人輸入するのかによって手続き処理が変わってくる点です。

お酒が大好きで1個人として個人消費のために楽しむ嗜好品として個人輸入するのか、個人事業主として輸入したお酒を販売したいのかによって話が全く変わってきます。

お酒の販売免許を持っている小売店であれば、海外から輸入したお酒を一般消費者に自分の店で販売することは可能です。また、飲食店経営者が海外から輸入したお酒を自分の店でグラス売りするのであれば販売面は不要です。さらに、海外から輸入したお酒を一般消費者や飲食店に販売したいのであればお酒を販売する免許が必要になります。

このようにどのような目的で輸入したお酒を使用するかによって国内でも免許が必要になるのかどうかが変わってくるのです。

個人消費目的でお酒を個人輸入して税金面での免除を受けておきながら販売してしまうと罰則を受けてしまう可能性もあります。しっかりと目的に応じた手続きを行ないましょう。

お酒を個人輸入する上で役立つおすすめサイト

お酒を個人輸入するためのサイトはさまざまですが、おすすめのサイトをご紹介します。

おすすめなのはMASTER of MALTです。そのサイトはロンドンのウイスキーショップです。オンライン販売としての賞を何度も受賞しており、信頼性の高いサイトです。品揃えも豊富であり、日本への発送も行なっているため、便利といえるでしょう。

ロンドンのサイトなので、もちろん英語でのサイト表記となりますが、日本語翻訳を行なえば購入する際に不安はいりません。金額に関しては日本でも販売されているウイスキーに関しては、値段がほとんど変わりません。それでは個人輸入する必要がないではないのかと疑問の方もいることでしょう。このサイトの強みは品揃えが豊富な点です。

日本で販売されている商品をこのサイトから購入することは購入者からするとメリットはありません。むしろ、送料などがかさんでしまいデメリットといえるでしょう。しかし、日本で販売していないウイスキーを購入できるのは大きなメリットといえるのではないではないのか。個人使用目的で輸入する方にしてみれば日本で販売していないウイスキーを日本にある自宅で嗜めるというのは非常に大きなメリットといえます。

また、販売目的で個人輸入する方にしてみても、海外でしか手に入らないウイスキーというのは顧客の注目となることでしょう。このウイスキーを目玉として飲食店経営者を行なえば、海外のウイスキー目的に通ってくれる顧客もいるので、大きなメリットとなります。

個人輸入で人気のお酒

個人輸入する上で人気がある酒類はウイスキー、ワインです。日本で作られているウイスキーやワインも人気はありますが、やはり本場ヨーロッパで作られているウイスキーやワインは人気があります。有名人でもワインが大好きと公言している方は多いですが、その影響からかワイン通の方も増えています。そのような方々の中には日本国内で販売されているワインでは飲み飽きてしまい、本場の味を楽しみたいという方も多いです。そのため、海外でしか販売されていないワインには大きな需要があります。

関連記事:

まとめ

個人輸入は関税や言葉の壁があり、なかなか初心者には手がでないと思われがちです。しかし、お酒に関しては税金面での免除があること日本語翻訳しているサイトがあることなどからそれほどハードルは高くありません。お酒の個人輸入に抵抗感があった方も実際にやってみたら簡単だったという方も多いです。

個人で使用する目的であれ、転売する目的であれ、お酒の個人輸入は大きなメリットとなります。まだ抵抗感がある方は、個人使用目的でお酒を個人輸入してみましょう。税金面での免除があるので、こんなに安く海外のお酒が手に入るのかと感動さえも覚えることでしょう。

そして、お酒の個人輸入に慣れてきたら、政府が推進している副業として転売してみると良いでしょう。手続き処理の違いこそあれ、それほど難しい物ではありません。まずはお酒の個人輸入を経験してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

業界最安値のアメリカ転送サービス|Planet Express

Planet Express(プラネットエクスプレス)はアメリカ転送サービス・個人輸入サポートで業界最安値のサービスをご提供します。

プラネットエクスプレス

Planet Express の特徴:

  • 業界最安値レベル(最低手数料2ドルから・年会費/登録費等なし)
  • 口コミ★4.5以上の高い顧客満足度
  • 日本語対応(日本語カスタマーサポートあり)
  • 荷物とラベルの写真を無料提供 ・同送発送にも対応

海外通販の初心者からプロまで、様々な方々が利用しているPlanet Expressをチェック。


無料会員登録でアメリカ住所を取得

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*